古い漢方の考え方では、女性の身体は7の倍数で変化すると言われています。
身体の変化にはリズムがあり、女性の生体時計にとって7と言う数字が節目とされるため、この様に言われます。
身体の変化でハッキリと自覚するのが、閉経を迎える50歳前後です。
そのため前後にあたる時期を更年期と呼び、治療が必要なほどの重い体調不良を更年期障害と言います。
身体の衰えを感じる時期でもありますが、これは誰にでも訪れる変化の表れであり、女性の体が次ステージへ進む段階とも言え、変わり目に向けての準備が必要となります。
そのための手段がサプリとなります。
サプリは各メーカーによって価格が異なりますが、配合されている成分を見極めニーズに合った物を選びます。
配合成分によっては高額な商品もあります。

年齡と症状

実は更年期障害は50歳前後のみに起こる現象ではなく、20代や30代、働き盛りの男性も対象となります。
20代や30代の女性の場合、現代社会のストレスにより似た症状を訴えるケースがあります。
ほてりやイライラが起こり、日常生活に支障をきたす場合があります。
ストレスや冷え、不規則な生活習慣等により自律神経のバランスが崩れる事で引き起こります。
働き盛りの男性の場合は、男性ホルモンであるテストステロンが加齢により減少する事で、心理的・身体的症状を招きます。
高血圧や脂質異常、甲状腺や糖尿病等の病気が原因で引き起こされる場合もあります。
辛い症状を我慢せず、小さな不安も医療機関を受診し相談する事で解決できます。

今後の取り組み

症状を改善するためにはサプリは継続しやすい方法です。
毎日継続して摂取する事で、体調不良を改善し体内バランスを維持する事ができます。
最近はヨガやウォーキングを利用した改善方法もあります。
子宮と卵巣には毛細血管がたくさん存在しています。
毛細血管は細いため血流が滞りやすく、老廃物が蓄積しやすい特徴があります。
血行が滞る事で臓器が冷え、子宮筋腫や内膜症を招くと言われるため、体内で最も熱を発生させる筋肉を鍛える事が有効と考えます。
ウォーキング等の有酸素運動や、骨盤を動かすヨガ等によって、血流を増やし卵巣機能の向上や回復に努める必要があります。
これらの事を少しでも早い年齢から始める事で、子宮や卵巣のエイジングケアとなります。

オススメリンク

更年期障害についてよく知りたいならこちらをチェックしましょう!:更年期障害がよくわかるサイト

知識を蓄える

女性の場合は特に、女性ホルモンであるエストロゲンの分泌が少なくなるのが更年期の特徴です。
この物質が減少すると、人によっては、汗をかき易くなったり、のぼせなどの症状が出ます。
必ず誰もがこの症状をもっている訳ではありま…Read more

関連リンク

最新の投稿

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2015年3月
« 12月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031